中小企業のためのコンテンツマーケティング

目次

●はじめに
●価値あるコンテンツの提供
●検索エンジンが賢くなった
●インターネットによって企業が直接顧客にアプローチできる
●段階的なアプローチ
●終わりに

●はじめに

今回はコンテンツマーケティングについてご説明をさせていただきます。

価値あるコンテンツの提供

コンテンツとは情報の中身のことを指します。コンテンツマーケティングとは情報の中身を重視すること、つまりは「価値あるコンテンツを提供」するマーケティング方法のことです。

 

検索エンジンが賢くなった

検索エンジンと言うのはGoogleなどの以下のような検索サイトのことです。

画像|Googleのスクリーンショット

検索エンジンは非常に賢くなってきていまして、以前でしたらある程度、テクニック的に外部リンクを増やすとかで、上位表示が可能でした。

 しかし、検索エンジンを使用するユーザにとって、そもそも検索エンジンを使う理由というのは何かの情報を得たいからです。つまり有益な情報を得たいからGoogleなどを使って検索するわけです。その際に、テクニックを駆使した何の情報も得られない単なる売り込みのホームページばかりが検索されても、ユーザーにとっては全くうれしくありません。

そういう意味では、検索エンジンを作っている会社としてGoogleは「価値ある情報」をなるべく上位表示したいということがあります。

ところが、そういう「価値ある情報」をどう判断するかと言うことがこれまではうまくできませんでした。

 しかし、最近はそこがどんどん進化してきて、「価値ある情報」を上位表示できるようになりつつあります。

今、ユーザーは商品を購入するときはインターネットであらゆる情報を検索します。そこから情報を得て商品を理解して購入に至るわけです。そのため、販売者にとっては検索エンジンで上位に表示されることは当然得になります。

そのような状況の中、今までのように単なる売り込みのページを作って、テクニック的にどうにかしようとしてもうまくいかなくなっています。それではどうするかと言うと根本に立ち返って、そもそも検索エンジンを使うのはどういった理由かというと、価値ある情報を得たいからです。なので、価値ある情報を提供することによって、お客さんにアプローチしていくといった手法が有効と考えられます。

単に検索上位表示を業者任せにせず、自社のコンセプトにあった価値ある情報をホームページで発信することで検索エンジンで上位表示をねらうと共に、お客様に自社の事を知ってもらうことで購買につなげていくことが重要です。

 

インターネットによって企業が直接顧客にアプローチできる

インターネット以外でもコンテンツに該当するものはたくさんあります。代表的なものに雑誌が該当します。

雑誌は価値ある情報が掲載されていますので、その情報を得たいために消費者は雑誌を購入するわけです。販売者はその中に広告を載せて集客を行っていきます。そもそもその雑誌を購入するということはある程度、自社の商品属性に興味を持っている消費者が雑誌を購入するため、そこに広告を載せることで自社製品の購買につながる可能性が高くなります。そのため企業は、雑誌社に対して広告費を払ってでも広告を載せる価値があります。

現在は、インターネットをこれだけあらゆる人が使うようになってきましたので、別に雑誌に頼らなくても自分たちで直接お客さんにアプローチができると言う時代になってきました。

 ということで、他社に頼るのではなくて、自分たちで雑誌を作るようにインターネット上にコンテンツを作ってお客さんを集めるということが可能になってきましたし、そのような手法が有効になってきています。

 段階的アプローチ

コンテンツの中ではあまり売り込みは行わない方が良いでしょう。なぜなら、売り込みという行為を消費者が好まなくなっているという現状があるからです。ですから、まずは情報を提供することで信用をしてもらい、信用している会社から商品・サービスを買うという流れを作っていくことが重要です。

 具体的にどのようにしたらよいかということについて説明をさせていただきたいと思います。当社のアプローチがコンテンツマーケティングのよい例というわけではないかもしれませんが、一例としてご説明をさせていただきたいと思います。

 こちらが当社の会社のYouTubeチャンネルです。

画像引用|https://www.youtube.com/channel/UCCikR9T8zK5ZKZEvFXEeDwAのスクリーンショット

 当社内で情報提供用の動画を作っています。それを見てもらって、納得してもらえれば、当社のHPに来てくれることを期待しています。

ちなみに当社は、AccessとかExcelでのシステムの開発などもおこなっています。

そのためそれに関する情報として、左のメニュー内の「Accessに関する各種情報」をクリックすると、以下のページでAccessに関連する情報提供を行っています。

さらに、情報を記載した最下部に当社の会社の紹介を載せています。

つまり、いきなり売り込みを行うのではなく、まずは情報提供を行った後で自社の紹介を行うことで、まずは当社の事を信用してもらい、その後、サービスを購入してもらえることを狙っています。

 上記は当社の事例ですが、本格的なコンテンツマーケティングを行っていくにはもう少し段階を踏んだ方が良いと思います。

 次により段階を踏んだアプローチについて説明をさせていただきたいと思います。

 例えば以下のサイトはNECのコンテンツマーケティング用と思われるサイトです。さすがに、大手企業なので情報が豊富です。

参照 https://wisdom.nec.com

 

典型的なコンテンツマーケティングといいますと、記事をホームページ上で提供し、メールアドレスを登録してもらって、メルマガを送ります。メルマガもいきなり何かを売り込むのではなくて、記事アップの告知などを行っていく中で信頼を得て、自社のファンになってもらうことを期待していきます。

下記のサイトでは、右下の赤枠で囲った部分がメルマガ登録ボタンになっています。

メールアドレスを取得してメルマガなどを発行することは非常に有効な手段と言われています。なぜならホームページはユーザーが自らの意思でホームページを開いてもらう必要がありますが、ある程度ホームページを閲覧して見終わると離脱してしまいます。よほどそのホームページが気に入っていないのであれば、何度も訪問してくれません。従って、ユーザーと関連性を築くということに関してはホームページは不向きで、その点に関してはメルマガの方が有効であると思われます。

また、メルマガなどであればユーザーのメールボックスに企業側の意思で情報を送り込むことが出来ます。気になる記事などがあれば、メルマガがきっかけで再度、ホームページに再訪問してくれる可能性もより高くなる分けです。

 

終わりに

コンテンツマーケティングも大手企業であれば様々なことが出来ますが、中小企業だと大手企業のようには難しいかもしれません。

そこで、中小企業でも週に2本ぐらいは最低でも記事を書ければよいかと思います。しかし、実際には週に2本も記事を書くことはなかなか難しいかもしれません。

そのため、まずは自社でできるところから、情報提供を行っていけばよいかと思います。

この際にはあくまでもユーザーの視点で価値ある情報を提供していくことが重要です。

 

有名人であれば「どこかの飲食店に行きました」などの情報でも、ファンにとっては価値ある情報かもしれません。しかし、最終目標が自社のサービスや商品を買っていただくことであれば、自社に関連するコンテンツを充実させながら、自社のホームページを充実させることがよい方法であると思います。

 


弊社は、中小企業様向けのホームページ制作、インターネットマーケティング(インターネットを使った集客方法)など、ITに関する様々なサービスを格安で提供しております。

当社の代表は、大阪商工会議所からの推薦を受けて、中小企業庁運営の中小企業支援事業に専門家として登録されました。
通称ミラサポ。3回まで無料でのコンサルティングが可能です。ご興味がある方はご連絡ください。


(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

Access(アクセス)Excel(エクセル)SQL server バーコード Webシステムを使った業務システムのシステム開発の無料相談を受付中

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F
(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)
まずは、メール・電話でご相談ください。
TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com
お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は
TEL : (06) 6535-5117までお願いします。


株式会社アイライト公式HP
https://www.ai-light.com/
(Access・Excelでシステム開発会社を探されている法人様はこちら)

無料から学べる講座
https://www.ai-light.com/itkeiei/

ITでお困りのことがございましたら、まずはご相談(コンサルティング)
https://www.ai-light.com/itconsulting.html

Access・Excel倶楽部
https://www.ai-light.com/accessclub/

YouTubeチャンネル(無料動画配信中)
https://www.youtube.com/user/ailightcom

ニコニコチャンネル(月額固定で見放題)
http://ch.nicovideo.jp/ai-light