PPC広告とは

目次

 

はじめに
●PPC広告とは
リスティング広告とは
●Googleアドワーズ、Yahoo!プロモーション広告が代表的
広告が掲載される場所
どこに広告を掲載するか
おわりに

はじめに

今回は、PPC広告についてご説明します。

●PPC広告とは

PPC広告とは、Pay Per Click advertisementの略です。Payは「支払」、advertisementは「広告」という意味で、言葉の通り「クリック回数に応じて課金される広告」です。Webサイトに設置された広告を閲覧者がクリックすると広告主の指定したサイトに閲覧者を誘導し、その誘導したクリック回数に応じて、広告主や広告掲載者側に課金される仕組みです。

リスティング広告とは

PPC広告の他に、もう1つ似たような言葉で「リスティング広告」があります。リスティング広告も基本的に、クリックごとに課金されるPPC広告の1つです。ただし、リスティング広告は検索エンジンの検索結果として表示される広告です。具体的には、下図の通りgoogleの検索エンジンで何かのワードで検索を行った際に上部に広告と表示される部分が該当します。

 

●Googleアドワーズ、Yahoo!プロモーション広告が代表的

PPC広告としてはGoogleアドワーズやYahoo プロモーションなどが有名です。PPC広告を行うには、これらを使って広告を行うのが良いかと思います。

もう少し具体的に説明させていただきます。下記画像は、Googleアドワーズのサイトで「Google に広告をしましょう」と書いてあります。赤い囲みのところからログインをして、広告の設定を行うようになっています。

画像引用:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/より

よく受ける質問で広告料金はいくらぐらいが良いですかという質問を受けます。広告予算は会社の規模によって異なるかと思いますが、当方の感覚でお答えすると対売上高費で3%~10%程度が妥当な範囲ではないかと思います。

広告によって売上増加が見込めるなら対売上高費10%を超えても何ら問題ないかと思います。実際に対売上高費10%以上の広告を行っている企業はたくさんあります。しかし、初めは思い切った投資は難しいものです。広告の最低限の金額で言いますと月3万円以上程度ではないかと思います。

実はGoogleアドワーズやYahoo プロモーションは1日単位で広告費の上限を設定できるようになっております。確か、1日の上限費の下限は100円だったのではないかと思います。仮に1日100円の広告費で広告を行った場合、月額の広告予算は3000円となります。ですから、実際はかなりの少額からでも広告を始めることは可能です。ただし、広告予算が3000円だと実際に広告を行って効果があったと実感することは難しいのではないかと思います。従いまして、効果が実感できる最低ラインが月3万円ではないかと思います。

しかし、とにかく1度、ネット広告を初めてみたいなという方にはまずは3000円ぐらいからスタートしてみることも一案かもしれません。

 

GoogleアドワーズとYahoo!2つの代表的な広告があるので、できれば両方行った方がよいです。例えば、Googleアドワーズに月3万円、Yahoo!に月3万円といった具合です。6万円の広告費と聞くと高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、例えば新聞広告の場合でも、もちろん新聞の種類にもよりますが1日掲載で10万円程度はかかるかと思います。従いまして、これまでの既存のメディアと比較しても決して高い金額ではありません。さらに、PPC広告は自分で結果を確認しながら単価が設定できるので、非常に柔軟で広告を出しやすいかと思います。

 

次に、Yahoo プロモーションは以下より広告を行うことが可能です。「広告を出したい方はこちらから」と書いてあります。

画像引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp/

 

以下にYahoo!プロモーションの公式ラーニングポータルを紹介しておきます。公式ラーニングポータルのサイトも場所は随時変更になることがあるようです。検索エンジンで「Yahoo!プロモーション 公式ラーニングポータル」などと検索するとヒットするはずです。こちらでは、Yahoo!のリスティング広告に関する操作説明やアドバイスなどが記載されています。これからPPC広告を始める方には大いに役に立つ情報が掲載させておりますので、ぜひ、参考にして下さい。

 

画像引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/ydn/より

こちらのページを見ていただくと、下記画像のように「YDNの広告掲載方式」の説明では、YDNには「インタレストマッチ」「ターゲティング」「インフィード広告」の3つがあると書いています。

 

しかし、現在は「インタレストマッチ」は「ターゲティング」に統合されました。インターネットの世界は変化が激しいので変化に敏感である必要があります。

「ターゲティング」とは、文字通りターゲットを設定できる広告で、「デバイス」「地域」「曜日」「時間帯」「性別」「年齢」などが設定できるほか、「インタレストカテゴリー」(特定のカテゴリーに興味があると考えられる行動履歴を持つインターネットユーザー)、「サーチターゲティング」(特定のキーワードの検索履歴を持つインターネットユーザー)、「サイトリターゲティング」(自社のウェブサイトを訪れたことがあるインターネットユーザー)と言った高度な条件を指定することも可能です。 

例えば、地域に限定してお仕事をされている方は多いと思います。その場合は、ある程度の地域を限定して広告が出来ることは大変にうれしいことかと思います。

 

「インフィード広告」は、タイムライン型のページ上に掲載される広告で、記事に広告を溶け込ませる広告です。下図のような広告です。

 

出典:yahoo! プロモーション 公式ラーニングより

https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/150415.html

・広告が掲載される場所

先ほど「リスティング広告は検索エンジンの掲載結果として表示される広告」と記載しました。例えば Googleの場合、検索した時に赤色で囲った部分が「広告」である旨を説明しました。以下が検索した結果で出力される広告です。

画像引用:Google検索エンジン「システム開発」より

次にリスティング広告以外の広告についても説明します。例えば、Yahoo!JAPANのページを開いたときに、下記画像の赤い囲みの部分がPPC広告です。こちらは、Yahoo!JAPANのトップ部分なので、この場所に広告を出すのは料金がとても高くなります。

 

画像引用:https://www.yahoo.co.jp/より

下記画像で赤い囲みの部分「PR」と書いてあるのもPPC広告です。

 

画像引用:https://www.yahoo.co.jp/より

ニュースカテゴリの「経済」欄を見ると下記画像の赤い囲みの部分もPPC広告です。こちらも、トップに近いので広告料金の単価がとても高いと思われます。

 

画像引用:https://www.yahoo.co.jp/

ページの下の方に行くと下記画像の赤い囲みの部分もPPC広告がこのように表示されています。

画像引用:https://www.yahoo.co.jp/より

このように各ページ内にも広告が掲載されており、ページを閲覧している方が広告を見てクリックしてくれると自身のサイトに誘導ができます。

どこに広告を掲載するか

一般的にリスティング広告は検索エンジンの結果で表示される広告なのでクリック単価が高くなる傾向にあります。例えばGoogle検索エンジンで「システム開発」と検索すると、上位4つがリスティング広告です。

画像引用:Google検索エンジン「システム開発」より

ページの上部だけでなく、下部にもリスティング広告が表示されます。これは、次のページに行けば違う広告が出てきますが、検索エンジンを使用される方は1・2ページまでを閲覧することがほとんどで、3ページ以降を閲覧することはまれではないでしょうか。

そのため、検索結果にて表示できる広告数は非常に限られた数しか表示されませんので、自ずと競争が激しくなり単価が高くなる傾向にあります。

また、検索結果によって広告が表示されるので、どのキーワードに対して広告を出すかということを検討する必要があります。中小企業でしたら、広告料金の単価が高いキーワードで広告を表示されることを狙うことは難しいかもしれません。

PPC広告はクリックごとに課金されますが、その単価はキーワード毎で異なっています。したがって、穴場のキーワードなどがあれば最適です。自社の事業を考慮して穴場のキーワードを探していくのもよいかと思います。

画像引用:Google検索エンジン「システム開発」より

Yahoo!トップページにPPC広告を出すと単価は高いですが、他のインタレストマッチやターゲティングでYahoo JAPANなどの主要な提携サイトのコンテンツのページに表示されるようにすると比較的単価は抑えられます。

画像引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/ydn/より

具体的には先ほども提示した下記画像のようなページに出る広告です。

画像引用:https://www.yahoo.co.jp/より

そもそも検索エンジン中に表示される広告数は限られますが、このようなページにでる広告スペースはたくさんあります。また、yahooジャパンのような人気サイトのトップに表示される広告は料金が高くなりますが、マイナーなページもたくさんあります。Yahoo!JAPANは提携サイトが無数にあります。そのような閲覧数は決して多くはないマイナーなページであっても、マイナーなページは無数にありますので、結果的にクリック数を上げることが出来ます。

クリックされるかどうかというのは確率の問題です。できるかぎり、クリックされやすい良い場所で広告を表示するべきですが、多くの場所に広告が表示されれば偶然クリックされるということもあります。母数が多いと確率が小さくても、クリック数は多くなります。

・おわりに

今回はPPC 広告について説明させていただきました。

前々回はコンテンツマーケティングについて説明しましたが、コンテンツマーケティングの本などを読んでいると「コンテンツマーケティングはお金がかかりませんよ」という話がよく出てきます。それは、良質な大量のコンテンツがあれば、確かに良い結果が得られるでしょう。しかし、良質な大量のコンテンツを作成するためには、やはりコストが必要になるのではないでしょうか。

中小企業であれば、ページをたくさん作るというのは難しいです。大手であればコンテンツを作成する専用のスタッフをおいて、何千ページというコンテンツを作ることが可能です。

中小企業であれば50ページ、100ページのサイトを作ろうと思ったらとても大変です。しかし、全体からすると50ページ、100ページはむしろかなり小さいサイトになります。

したがって、コンテンツだけで集客するのは無理があるように思います。そのため、うまくPPC広告をうまく使うことをおすすめします。

ただし、PPC広告をクリックしてサイトを見に行っても、ご自身が見る側として考えればわかると思いますが、興味にそぐわないページだったらすぐ離脱しますよね。

PPC広告も重要ですが、サイトのコンテンツも充実させながら、相乗効果を狙っていくというのがオーソドックスなやり方だと思います。

 

 


弊社は、中小企業様向けのホームページ制作、インターネットマーケティング(インターネットを使った集客方法)など、ITに関する様々なサービスを格安で提供しております。

当社の代表は、大阪商工会議所からの推薦を受けて、中小企業庁運営の中小企業支援事業に専門家として登録されました。
通称ミラサポ。3回まで無料でのコンサルティングが可能です。ご興味がある方はご連絡ください。


(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

Access(アクセス)Excel(エクセル)SQL server バーコード Webシステムを使った業務システムのシステム開発の無料相談を受付中

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F
(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)
まずは、メール・電話でご相談ください。
TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com
お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は
TEL : (06) 6535-5117までお願いします。


株式会社アイライト公式HP
https://www.ai-light.com/
(Access・Excelでシステム開発会社を探されている法人様はこちら)

無料から学べる講座
https://www.ai-light.com/itkeiei/

ITでお困りのことがございましたら、まずはご相談(コンサルティング)
https://www.ai-light.com/itconsulting.html

Access・Excel倶楽部
https://www.ai-light.com/accessclub/

YouTubeチャンネル(無料動画配信中)
https://www.youtube.com/user/ailightcom

ニコニコチャンネル(月額固定で見放題)
http://ch.nicovideo.jp/ai-light